【未来を育てること。。。人育て】

【未来を育てること。。。人育て】

学校が嫌いでした

陰性体質の私には早起きが辛く、武術や整体に取り組んで来たから今でこそ朝早く起きる事は出来る

とは言っても自分の体質に適合した事とは言えないなぁ~といつも感じている

だから朝の時間は出来る限り仕事関係のメールをせずに自分にとって幸福感のある事をする事にしている

私にとっての幸福感がある行為とは学習と研究とそれにまつわる調べ物の時間である

現代の学び舎である学校は兎に角家から出ないといけない

基本的にはインドア派だからそれが苦痛

だからと言って家庭教師を雇って自宅学習をするにも経済的には難しかった

学校の授業も生物や国語、道徳(今はそんな風に言わないのかな??)家庭科、社会などの授業は楽しいが算数や生物以外の理科とかは好きじゃない

体育なんてもってのほか!

ボール恐怖症の私には無理だ

ドッチボールなんて何故?ボールを危ない!と思って手で弾くとOUT!なのか未だに理解していない

いや

したくない(笑)

好きじゃないから(笑)

図工なんて未だに苦手

私が作った瞬間からマイナスエントロピーの法則が働いて自然界に還ろうとする

給食はまー。。。好きだ(笑)

フードレス時代を経験しているから食べ物はなんでも美味しい!

でも学校は嫌いだ

なので今、不登校になっている子達に言いたい

正々堂々と不登校をしよう!

意志を持って学校に行かないでおこう!

こんな事は言ってはいけないのだろうけど全く体質性質に合わない学校に行って心身を疲弊させるなら家で寝ていよう

世界は広い

時々思う

あのテストという魔物だ

テストというシステムで育つ人もいるだろう

例えば45分間で30問の問題を解くとする

サラッと出来る人は優秀なのだろう

でも、出来ない人にとってはどうにもならない

そこで疑問がある

45分では解けない問題を何故3日で解いたらダメなのか??

3日かけて考え抜いて

あ!解った!!

と叫べばその知識は永遠に無知と言う暗闇を照らす光となると思う

人が育つのを待つことと教え育つことを刺激することで【教育】というのだと自論がある

いずれにせよ【人を育てる】ということはとても時間のかかる投資である

時間と労力と資本をかけて育てた人が素晴らしい人生を送るのか涙いっぱいの人生を送るのかそれは誰にも解らない

四柱推命や整体における体癖論によってその人の個性や体質性質を判断することは素晴らしい人生を送る可能性は高めても【絶対】と言う答えに導くものでは無い

ひたすらに信じ、前を向いて進むことしか無い

人を育てるとは果てしない夢を持った投資である

効率などから離れているのが人育てが楽しいものだと思う

絶対が無いから楽しかも知れない

でも私は

学校が嫌いだ(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です