次なる世界へ。。。

人類の歴史は戦いの歴史のようです 人類はどうにも戦いが好きな様です そんなに戦ってみて何の意味があるのでしょう・・・・人類は進化したように思えないのは私だけでしょうか・・・サピエンス全史にこんな記述がありました

——————————————————————————

狩猟 採集 民 が 初めて オーストラリア 大陸 に 足 を 踏み入れ た 瞬間 は、 ホモ・サピエンス が 特定 の 陸 塊 で 食物連鎖 の 頂点 に 立っ た 瞬間 で あり、 それ 以降、 人類 は 地球 という 惑星 の 歴史 上 で 最も 危険 な 種 と なっ た。

中略

その後 数 千年 の うち に、 これら の 巨大 な 生き物 は 事実 上 すべて 姿 を 消し た。 体重 が 五 〇 キログラム 以上 ある オーストラリア 大陸 の 動物 種 二 四種 の うち、 二三 種 が 絶滅 し た の だ( 2)。 それ より 小さい 種 も、 多数 が 消え た。 オーストラリア の 生態系 の 全般 にわたって

食物連鎖 が 断ち切ら れ、 配列 替え が 行なわ れ た。 何 百万 年 もの 間 で、 これ は オーストラリア 大陸 の 生態系 における 最も 重大 な 変化 だっ た。 これ は みな、 ホモ・サピエンス の せい だっ た の だろ う か?

ユヴァル・ノア・ハラリ. サピエンス全史 上下合本版 文明の構造と人類の幸福 (Kindle の位置No.1306-1307). 河出書房新社. Kindle 版.


人類の文明も文化も素晴らしいとは思うのですが、その素晴らしいものは多くの犠牲の上に成り立っているのは確かなのです。さて、ここでも思う事なのですが人類は進化したのでしょうか?新幹線やリニアモーターカーでの高速運転の実現や超高層ビルの建築、大量破壊兵器の製造、どんな菌をも殺菌する薬品、何時でも何処でも連絡が取れて居場所が知られてしまうスマートフォンなどのIT機器の発展と拡散。。。。人類の生活は物質的に楽に便利になった様ですが私達はその機械に生存戦略に巻き込まれている様にも思います

例えば、稲作もそうなのですが稲の生存戦略として野生では1粒が沢山の稲穂を作ってそれを動物に捕食して貰って何とか頑張って消化されない様に保って動物が移動した先で糞をしてそこで根を生やしてまた稲穂を作る。その繰り返しが基本的な稲の生存戦略です。でも美味しくて保存が出来る稲は人類にとってこの上ない植物ですから人類はせっせと稲作を始めて他の人類にそれを伝播させて今や世界中に稲は広がり恐らくは余程の事が無い限りには稲が絶滅する事は無いのでは無いでしょうか。稲を枯らさない様にせっせと御世話をする。。。人類は自分達の為に稲作を始めたと思っていますが稲にしてみればしめしめと思ってるやも知れません(笑)

それと同じ様にコンピュータもスマートフォンも私達に利用価値を与えてそれが便利だと思うのでどんどん使う様に促進されている。。。人工知能が、超絶AIが出現した時にはそのAIの生存戦略に人類は巻き込まれるでしょうね。いや、だからと言って私は機械やAIの進化に対して反対ではありません。寧ろこのチャンスに乗じて人類の進化を果たしたいと思っているぐらいです。

人類は次のステップにその歩みを進める時が来たのだと思います。今の10代や20代の人達は私の独断と偏見ではザックり2つの方向に別れています。1つは【自己の肉体に対して無頓着】な若者です。もう1つは【自己の肉体に対して愛着がある】若者です。いやー私が若者に対して論じる時点で私は若者では無いのでしょうね〜(笑)まーそれはさて置き。。。。「トランスヒューマニズム」という思想があるのをご存知でしょうか?

トランスヒューマニズムとは。。。

トランスヒューマニズムは、ここ数十年間でゆるやかに定義されてきた新しい思想および運動の潮流です。世界中に数百万人の支持者が存在するとされ、日本語では「超人間主義」とも訳されます。
とりわけ米国の未来学者マックス・モア(1964~)が1990年に『Transhumanism:Toward a Futurist Philosophy』で提唱した以下の定義がもっとも広く普及しています。

“Transhumanism is a class of philosophies of life that seek the continuation and acceleration of the evolution of intelligent life beyond its currently human form and human limitations by means of science and technology, guided by life-promoting principles and values.”

“トランスヒューマニズムは、生命を促進する原則と価値に基づき、科学技術により現在の人間の形態や限界を超克した知的生命への進化の継続と加速を追及する生命哲学の一潮流である”

日本トランスヒューマニズム協会よりhttps://transhumanist.jp/

となるそうです。。難しいですよね(笑)ちょっと解りづらいですね

私の超心訳ですと

テクノロジーをポジティブに活用して人類の人生から苦痛を無くした上により人生を人間らしくエンジョイしようぜー!

となります(笑)

手にマイクロチップを埋設する事とかもトランスヒューマニズムですよね。都市伝説の関さんも確か入れてましたよね〜私も入れてみようかと思ってます

自己の肉体は単なる筐体(筐体(きょうたい)とは、何らかの機能を有する機械電気機器などを中に収めたのことを言う。フレームを含めた外装を指す。)Wikipediaより と捉えている人が若者を中心に増えて来ている様に思います。なので簡単に美容整形に手を出せる訳です。私よりも年上の方々には考えられないと思いますよ〜父母から頂いた大切な身体!ってなりますよね。まー私もあまりこの肉体に対してさほど執着が無いですけど価値は解っています。肉体無頓着派の若者も価値は解っていると思います。解っているから不具合のある部位は素早く機械化しても良いのでは?と考えますし私はこの肉体の価値を知っているので適切に対処対応する技術と知恵を持ち合わせています。バブル期に生きて来たビジネスモンスターの様に身体を無視する事はありません(笑)価値が解るからこそのトランスヒューマニズムですし無機と有機の調和がこれからの時代に必要不可欠になると考えています。

次に肉体愛着ある派の考えとしてはやはりトランスヒューマニズムは「怖い」でしょうか。。。確かにシンギュラリティ等の話しを聞くと遠くない未来に人類の思考を超えた超絶AIが出現する事で人類は機械に支配されるのでは。。。所謂、ターミネーターやマトリックスみたいな世界になると思っている事がある。もしかしたら人類の大半はこの考えなのでは無いでしょうか。機械が人の手の範疇にある時は良いのですがそれを越えて行った後の世界は人類の想像を遥かに超えた世界になっている可能性は十分にあります。あるAI実験ではAI同士の会話が実験されたのですが途中までは人類の理解出来る言語での会話だったそうですが途中からAI言語を独自に構築しその独自言語を活用して会話を始めたのだとか。。。実験をしていた学者さん達は慌てて電源をoffにしたとか。。。確かにこれらの事を考えるとちょっと怖い出来事だと感じるかも知れませんね。とは言ってもこの研究自体は別に大きな問題では無かった様ですがその真相は如何なるものかは実験室に居合わせた人以外には解らないものです。https://www.google.co.jp/amp/s/japan.cnet.com/amp/article/35110443/

トランスヒューマニズムだけでは無くこれからの時代に欠かせない機械化。それは人類を機械化するというだけでは無く様々なものが機械化されると思います。特に日本は少子高齢化社会にドーンと突入しておりますので若い人の労働力不足は否めません。それに今の若い人達は無意味に労働することに対して価値を見出していない様子です。なので生活の為に必要な現金があればそれで良い。それ以外は余暇を使って自分の興味のある事をしたい。そう考える若者が多くなっています。稀に一部の若者は社会にイノベーションを起こして一獲千金!という考えを持っているのも確かですがそのビジネススタイルもどちらかと言えばYouTubeやTwitter等を活用したIT、SNS、モバイルビジネスだと思います。今や情報には価値が無くなりました。ネット活用すればかなりのレベルで情報そのものを収集する事が出来ます。なので情報そのものには価値が無いので何かの要素を足すことで付加価値を付ける必要が出て来ます。例えば今話題の中学生ビジネスマン等は【中学生がビジネスを行って月収百万以上を叩き出す!そんな中学生ビジネスマンが貴方に伝える月収百万への軌跡!】と題して情報商材を販売しますと確かに興味を持ちますので売れます!これは新しい!何て今の大人は言いますが能の大家である世阿弥は「花鏡」の中でこう書いています

世阿弥は、『花鏡』の中で、「ことさら当芸において、幽玄の風体第一とせり。」(能では、幽玄の姿であることが、第一に大事なことである。)と述幽玄の最も良い例として、12〜13歳の少年が能面をつけないで舞台にいる姿を挙げています。幽玄とは、「美しく柔和な姿」という意味です。音曲の美しさ、姿が美しく静に舞う姿などが「幽玄」です。たとえ鬼の演目でも、写実に走らず、美しく舞うことが求められたのです。http://www.the-noh.com/jp/zeami/brand.htmlより

世阿弥は殊更に「幽玄」を求めた能楽者ですから最もそのままで「幽玄」である12〜13歳の頃の舞はそれだけで価値が高いと言えます。まーあの時代からの12〜13歳ですから今の中高生とは少し意味が違うんとは思いますが、大人でも無い子供でも無い、独立出来そうで独立出来ない。性別も確定しそうでしない。そんな何者でも無い存在がその年代であると言えます。でもこの「幽玄」は年代によって期限付きに与えられたもので、何か稽古をして身に付けてものでは無く嘘偽りの無いその身からそのまま出た素材の味。そんな時に大人顔負けの舞を舞台で行えばそれそれ観客は拍手喝采となると思います。現代で活躍する中高生ビジネスマンはある種の「幽玄ビジネス」と言えますよね〜「幽玄」は「有限」に繋がる言葉ですから氣を付けないといけません。まーと言っても今の中高生さんはとても努力家が多いので問題無いと思いますけどね。我々年代の方が怠惰ですよね(笑)今の一部の中高生さんは社会や日本や世界に対する危機感があります。その危機感から適切な対応策として「学生の間に稼ぐ!」と考えています。自分の生きるべき道は自分で決めてその進む時に必要な費用は己で生み出す!そう考えています。我々年代の安穏としたサラリーが貰えるから〜とか社会保証があるから〜とかそんな考えは危機感を持って対応している中高生に鼻で笑われること必須です(笑)

あー話がズレましたね(笑)

労働力不足です(笑)

人類が生きる為に必要な労働力を機械化によって補えるならば人類は人間らしい生活を送って行くだけだと思います。日本はアトムとドラえもんの国ですから本来なら機械化して機械をロボットをAIを友人として迎え入れお互いの優れた分野を交流させて時代を推し進めて行けるはずです。

ところが

2020年現在、6月までキャッシュレスでの支払いには5パーセントの還元が行われています。これは国が国家レベルでキャッシュレスを推進したいと思っているからですが、このキャンペーンが施行されても未だにキャッシュレスにおける決算を行わない日本人が多数です。https://www.nippon.com/ja/japan-data/h00417/

1つに日本の紙幣信頼度が高いという事はやはりキャッシュレス率が低い理由になります。日本の紙幣製造技術は非常識に高度です。偽札等の心配がとても少ないです。次に中国や韓国に比べて素早く高度経済成長を成し遂げた結果、インフラ整備が1900年代に急速に進んで日本全国何処にでもATMが存在し何時でも何処でも元気が引き出せてしまいます。なので現金だけでの生活でも何不自由無く暮らせます。アフリカ等では銀行システムよりもモバイルによる電子決算の方が先に広がりを見せているそうです。https://www.google.co.jp/amp/s/getnavi.jp/world/431853/%3famp=1

世界の動きは全てにおいて変化しています。でも人類は本当に進化したのでしょうか?文明の進化では無くて。人類、人間そのものの進化です。

私は長らくの間「人間の向こう側」という事を問い続けて来ました。人間の向こう側です。人間の向こう側には何が有るのだと思いますか?私は今の人間を超越した「ヒト」が存在すると思っています。私の中では「人間とヒト」は別物で人間とは大脳で作り出した幻想的存在で有りもしないモノを作り出しさもそれが価値のあるものと振る舞い、他者にもそれを押し付けて行く存在だと思っています。ヒトは根本的に存在する生命原理に由来、依存しヒトの持つ天然資源を深く開発する事に意味を見出して生きている存在です。大脳に振り回されるのでは無く、大脳の存在意義を知りその大脳を活用する事が出来る存在です。

人間の歴史は戦いの歴史です。しかも、勝者が記録し敗者の歴史は抹殺されるか悪として描かれ記録されます。これは大脳の作り出した幻想的な社会がそうさせたと私は思っています。医療に代表されるテクノロジーの発達は人類全体の安全を護ると同時に人類の危機を作り出したのは間違い無い事実です。

人類はヒトの側面を思い出しヒトの内側を開発し本当に進化するべきだと思うのです。ヒト中に存在する生命原理を私はヒトシステムと呼んでいますがこのヒトシステムには人種差別が存在しません。階級差別も存在しません。弱者だから助けるという考えも存在しません。

作為の動きから無為自然の動きと働きへ

そのエネルギーの流れに沿って生きて行く

善悪が存在しない上善の世界へと

人類は次なる進化を成す事が出来るはず。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です